銀行辞めて教員になるんですが日本一周します。

大学卒業後3年間銀行勤務。教員になるため退職。教員になる前に4ヶ月間日本一周。日記代わり。

9月14日 旭山動物園

「1人動物園もできん奴が、生徒に教えれるわけがない」  吉田松陰

 

1人動物園ってご存知ですか。

1人で動物園を楽しむことなんですけど。

数ある1人○○シリーズの中でも、難易度は上位のほうであると思います。

 

天気は快晴。

そんななか、ここ旭川にて何の予定もない男が1人。

旭川と言えば旭山動物園。悩みました。

行くとなるともちろん1人です。

動物が好きというよりインスタが好きなインスタ女子、きゃっきゃウフフしてるカップル、何気ない日常が幸せなんだと気付きかけている家族。そんななかに8キロのリュックを背負って1人で行って、果たしてメンタルが持つのかと。

僕はsiriに「1人動物園」と尋ねました。

彼女は、「周りの目を気にするのは格好悪い。堂々と楽しんだらいいと思います。」と答えてくれました。

1人動物園もできんような男が、中学生相手に教えれるわけありません。僕は1人動物園を決意しました。

 

朝マックを昼ごはんとして食べるという暴挙をおかしつつ、いざ旭山動物園に向け出発しました。

片道13キロ。さすがに旭山動物園に向けヒッチハイクする勇気はありません。

歩きました。

もぐもぐタイムへの期待感から、休み休みではありますがなんなく到着いたしました。

 

f:id:genzaburou13:20180914212835j:image

かの有名な旭山動物園

僕はドヤ顔で「大人1枚」を告げました。

門をくぐると目に飛び込んできたのは、汚れを知らない保育園児達。幸せの笑顔に満ちた家族。動物が好きなんじゃなくて、動物を見て「可愛いーーー」と言う自分が好きなインスタ女子。レンタカーで来てそうなカップル。遠足で来たと思われる高校生の群。

超絶メガ盛りアウェイ。

やっぱり来るべきじゃなかったんだと思いつつも、僕は余裕の表情を浮かべつつまずはニホンザルを見に行くことにしました。

f:id:genzaburou13:20180914214108j:image

f:id:genzaburou13:20180914215921j:image

動物園の猿になりたい。

決まった時間に餌をもらい、毛づくろいして何も考えず生活して暮らせるって何ていいんだ。

猿達はすごく元気だった。ありがとうニホンザル

 

猿の戯れを見届けた後、噂のもぐもぐタイムが始まるのでオランウータンを見に行きました。

もちろん最前列ゲットです。

f:id:genzaburou13:20180914214752j:image

f:id:genzaburou13:20180914214808j:image

オランウータンって見るからに優しそうですよね。葉っぱや果物を主に食べて生活しているんです。

人間の便利な生活のために木が伐採され、住むところがなくなりつつあり、オランウータンは絶滅の危機に瀕しています。

便利な生活の裏には、オランウータンの犠牲があるのです。

皆さんも覚えておいてください。

 

f:id:genzaburou13:20180914215940j:image

トリオのワオキツネザルに遭遇したり

f:id:genzaburou13:20180914220017j:image

カピバラが寝ていたり。

 

そんな感じで、1人であることなんてもう忘れつつ普通に楽しんでいたら、ホッキョクグマもぐもぐタイムがきました。彼は動物園の人気者であり、最前列の確保はなりませんでした。

f:id:genzaburou13:20180914220227j:image

f:id:genzaburou13:20180914220315j:image

f:id:genzaburou13:20180914220331j:image

この時はホッケを食べていたのですが、野生のホッキョクグマの主食はアザラシです。アザラシは脂肪をたくさんつけているため、極寒のなかで生きていかなければならないホッキョクグマにとってアザラシはなくてはならない食料なのです。

ですが今、地球温暖化の影響により氷河が溶けているため、ホッキョクグマはアザラシを狩ることが難しくなってきています。餓死してしまうホッキョクグマもいるそうです。年々個体数は減少しており、絶滅危惧種となっています。

これも、人間の開発による影響です。

皆さん、覚えておいてください。

 

f:id:genzaburou13:20180914221336j:image

f:id:genzaburou13:20180914221350j:image

ホッキョクグマの後はレッサーパンダ見て。

可愛い顔して腹黒いんです、彼らは。

女性と一緒だな、なんて考えてたら次はアザラシのもぐもぐタイムへ。

もちろん最前列確保。はっは。

 

f:id:genzaburou13:20180914221638j:image

f:id:genzaburou13:20180914221712j:image

アザラシっていいですよね。あの陸上での移動の得も言えぬ動き。

彼らもホッケを食べていました。

お兄さんのトークが上手だったな。

f:id:genzaburou13:20180914221909j:image

f:id:genzaburou13:20180914221925j:image

旭山動物園の名物?にアザラシの通る筒状のトンネルがあります。

見れるか見れないかは運みたいなんですが、このフロアに足を踏み入れるとほぼ同時にアザラシはトンネルを通過しました。

なんなら2匹いっぺんに通過してました。

お一人様に優しいな。サンキューアザラシ。

 

で次はペンギンのもぐもぐタイム

もちろん最前列確保。これが1人動物園の楽しみ方。

f:id:genzaburou13:20180914222432j:image

f:id:genzaburou13:20180914222456j:image

安定の可愛さ。水中トンネルもビュンビュン飛びまわっとって壮観でした。

サービス精神豊富だぜ。サンキューペンギン。

 

そっからはもう

f:id:genzaburou13:20180914222749j:image

トラ見て

f:id:genzaburou13:20180914222804j:image

オオカミに喰われ

f:id:genzaburou13:20180914222841j:image

ミミズクと見つめ合い

f:id:genzaburou13:20180914222911j:image

f:id:genzaburou13:20180914222924j:image

アライグマと見つめ合い

あっという間に4時間経過。

 

f:id:genzaburou13:20180914223026j:image

f:id:genzaburou13:20180914223040j:image

大トリはカバ。

1番迫力あって圧倒されました。

カバがお尻を向けてきたら顔を近づけてみましょう。きっと素敵な体験ができるはず。

 

そんなこんなで閉園時間がきまして。

1人動物園を満喫しました。ふつーに楽しかった。

今日の来場客のなかで僕が1番充実しとった自信あります。

1人動物園、楽しいよ!!

オススメはしない。やっぱりむなしくなる。

 

で、帰りも13キロ歩きまして。

さすがに披露こんぱい。途中心折れたりして、もう動きたくないよおおおおおってなって、13キロ歩くんに4時間かかりました。

旭川の道の駅に帰ってきました。

 

なんだかんだで充実した1日だった。

明日は何をしよう。

残すところ北海道もあと4日しかない。4日もいらん、もう帰らせてくれ。

って感じです。

おわり。